vic_logo
coronavirus.vic.gov.au

コロナウィルスワクチン (COVID-19 vaccine) - 日本語 (Japanese)

コロナウィルスワクチンの接種開始と安全性に関する情報

不安がある場合はcoronavirus ホットライン(1800 675 398)に電話する。(24時間対応)
通訳が必要な場合はTIS National (131 450)に電話する。
救急の電話番号(000)は緊急の場合のみ使用する

基本情報

  • 現在、40歳以上の方は誰でも、新型コロナウィルス(以下、コロナウィルス)ワクチンを接種できます。
  • 40歳以下の方も、以下の条件に該当する場合、ワクチンを接種できます。
    • コロナウィルスへの感染リスクの高い職業の従事者。例えば、医療従事者、障害者および高齢者向け介護施設の職員、救急隊員、ホテル検疫、空港や港湾の職員など。
    • 障害や病状があるなど、コロナウィルスに感染した場合に重症化するリスクが高い方。
    • 障害者、ホテル検疫職員、国境職員など、コロナウィルスへの感染や重症化リスクの高い人と一緒に働いている、または同居や介護をしている方。
    • ワクチン接種が許可される方のリストはこちらをご覧ください。
  • 60歳以上の方は、 アストラゼネカ社製ワクチンを接種できます。
  • 60歳未満の方は、 ファイザー社製ワクチンを接種できます。
  • コロナウィルスワクチンは誰でも無料で接種できます。Medicareカードは不要です。
  • ワクチン接種は任意であり、接種は個人の意志で選択できます。
  • 有効化するために、同一のコロナウィルスワクチンを二回接種(注射)する必要があります。
  • 初回のワクチン接種時に、二回目の接種時期についての説明があります。
  • すべてのワクチンは、その安全性が慎重に検証された上でオーストラリアでの使用 承認を受けています。
  • ご自分の健康状態やコロナウィルスワクチン接種に関する懸念がある方は、かかりつけの医師にご相談ください。

ワクチン接種が必要な理由

ワクチン接種による効果:

  • コロナウィルスで病気になるリスクの低下
  • コロナウィルス感染時の重症化の予防
  • 家族や友人、地域社会を感染から保護

大多数の人がワクチンを接種することで、コロナウィルスの感染拡大を防止できます。さらにワクチン接種ができない人も感染から守ることになります。

ワクチンの安全性について

  • コロナウィルスワクチンを始めとするすべてのワクチンは、オーストラリアでの使
  • 用前に必ず Therapeutic Goods Administration(オーストラリア保健省薬品・医薬品
  • 行政局)が定める厳しい安全基準を満たさなければなりません。
  • ワクチン接種は、資格のある医療従事者によって行われます。
  • あらゆるワクチンと同様に、 コロナウィルスワクチン接種後に、一般に見られる以下のような副反応を経験する場合があります。
    • 接種部位の痛み
    • 倦怠感
    • 筋肉痛
    • 頭痛
    • 発熱、悪寒
    • 関節痛

ワクチン接種の前に、次の情報をお読みください。

コロナウィルスワクチン接種後の副反応についての詳細情報は、以下をご覧ください。

コロナウィルスワクチン接種について懸念がある場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

有効性

世界中で何百万人もがワクチンを接種するにつれ、ワクチンがいかに私たちを効果的に保護できるかについての理解も深まってきています。以下の情報は、多数の人がコロナウィルスワクチンを接種した地域社会での研究を含む、最新の研究に基づいています。

アストラゼネカ社製ワクチンのコロナウィルス感染防止力。

  • 12週の間隔をおいて二回接種することにより、コロナウィルスによる発病の可能性を最大90パーセント低減。
  • 一回目のワクチン接種後、コロナウィルスによって入院する可能性が90パーセント以上低減。

ファイザー社製ワクチンのコロナウィルス感染防止力。

  • 最低21日の間隔をおいて二回接種することにより、コロナウィルスによる発病の可能性を95パーセント低減。
  • 一回目のワクチン接種後、コロナウィルスによって入院する可能性が80パーセント以上低減。

コロナウィルスワクチンの成分

ファイザー社とアストラゼネカ社製ワクチンには、以下の成分は含有されません。

  • 牛乳
  • ラテックス
  • 豚肉や豚肉加工品 (豚ゼラチンなど)

ワクチンはいつ接種できますか。

以下に該当する方は、コロナウィルスワクチンを今すぐ接種できます。

  • 40歳以上の方
  • ホテル検疫および国境職員
  • ホテル検疫および国境職員と同世帯の居住者
  • 医療従事者
  • 高齢者介護施設の入居者と職員
  • 障害者介護施設の入居者と職員
  • 16歳以上で 基礎疾患がある方
  • 成人の重度身障者
  • 国民障害者保険制度 (NDIS) に加入している障害者
  • フェーズ 1a と1bにより資格のある個人、または特定の疾患を抱えた子供の (有償または無償の) 介護者。詳しくは コロナウィルスワクチンプログラム・フェーズ 1bをご覧ください。
  • 一部の障害者および高齢者介護の支援ボランティア。詳しくは コロナウィルスワクチンプログラム・フェーズ1bをご覧ください。
  • 以下のようなリスクが高い重要業務の従事者
    • 国防人員
    • 警察、消防、災害業務に従事する職員
    • 食肉、海鮮の加工業務の従事者
  • ビクトリア州政府は、以下の職場の労働者にもアクセスを拡大しました。
    • 地域コミュニティの更正職員を含む、更正施設や拘置所
    • 支援つき居住型サービスなどの、リスクの高い宿泊施設で働くスタッフ
    • 公共交通機関の運転手や、一般大衆と接する労働者
    • ライドシェアやタクシー運転手
    • 国際空港、港湾のすべての職員
  • 以下のようなコロナウィルス感染または重症化のリスクが高い人
    • ホームレス、野外生活者、緊急宿泊施設滞在者など
    • 薬物、アルコール支援サービスを受けている人
    • 居住型精神衛生施設の入居者
    • 高層・低層公営住宅、支援付き居住型サービス、コミニュティハウジング、ルーミングハウスなどを含む、影響を受けやすい宿泊施設の居住者
    • 拘置所の囚人や更正施設の被拘禁者
  • オーストラリア政府からオーストラリア出国制限免除を受けた旅行者
  • コロナウィルスワクチンの一回目の接種をすでに受けた方(他州、または海外からの帰国者を含む) は、フェーズに関係なく、適切な間隔をおいて二回目の接種ができます。

コロナウィルスワクチンの接種場所

接種が許可された方は、以下のような場所で予約が取れます。

  • 一般医(GP)
  • コミュニティ保健サービス
  • アボリジナル・コミュニティ・コントロールド・ヘルスサービス
  • GPによる呼吸器クリニック
  • ビクトリア州が運営するワクチン接種センター

かかりつけの医師がコロナウィルスワクチンを提供していて、ワクチンの接種を受けたい場合は、かかりつけの医師による接種が可能です。以下に関しては、かかりつけの医師にご相談ください。

  • 既存症
  • コロナウィルスワクチン接種に関する質問や懸念

コロナウィルスワクチンの予約方法

コロナウィルスワクチンの予約方法はいくつかあります。

60歳以上の方

  • 最寄りのGPか保健サービスで予約
  • ワクチン接種センター 1800 675 398に電話し、通訳が必要な場合は0を選択して予約する。
  • ワクチン接種センターによっては予約が不要で、ウォークインでワクチン接種ができる会場もあります。ただし、ウォークインの場合、予防接種担当者の手が空くまで待たなければならない場合があります。 ウォークインを受け付ける接種場所、および受付時間についてはリンクでご確認ください。

60歳以下の方

  • 1800 675 398 に電話し、通訳が必要な場合は 0 を選択して予約する。
  • ワクチン接種センターによっては予約が不要で、ウォークインでワクチン接種ができる会場もあります。ただし、ウォークインの場合、予防接種担当者の手が空くまで待たなければならない場合があります。 ウォークインを受け付ける接種場所、および受付時間についてはリンクでご確認ください。

ビクトリア州の ワクチン接種センターや受付時間に関する詳細情報をリンクでご確認ください。

ワクチン接種当日に持参する物

  • ワクチン接種センターで着用する必要があるマスク
  • 写真付きの身分証明書をお持ちの方は、写真付きの身分証明書
  • Medicare カードをお持ちの方は、Medicare カード (ただしMedicare カードがなくてもワクチンは接種可)
  • Medicare カードをお持ちでない方は、 個人ヘルスケア識別番号
  • 職務上の理由でコロナウィルスワクチンを接種する場合は、従業員IDもしくは雇用主からの手紙
  • アレルギーなどの病歴情報

非常に稀な血栓症副反応について

アストラゼネカ社製ワクチンと、血栓や血小板減少を伴うごく稀な症状の間には関連性があり、この症状は血小板減少症候群(TTS)と呼ばれています。

この非常に稀な血栓の副反応については、 オーストラリア政府の最新情報をお読みください。

各言語に翻訳されたファクトシート

コロナウィルスワクチン接種を準備するには

ファイザー社製ワクチンに関する資料

アストラゼネカ社製ワクチンに関する資料


さらに詳しい情報

オーストラリアのワクチン接種プログラムに関する詳細情報は、 オーストラリア政府ウエブサイトをご覧ください。

さらに詳しい情報

接種計画等、オーストラリアにおけるワクチン接種プログラムの詳細については、 オーストラリア政府のウェブサイトをご参照ください。

日本語による信頼できる情報サイトへのリンク

コミュニティや信仰指導者向けの説明キット

Reviewed 11 July 2021

Coronavirus Victoria

24/7 Coronavirus Hotline

If you suspect you may have COVID-19 call the dedicated hotline – open 24 hours, 7 days.

Please keep Triple Zero (000) for emergencies only.

Was this page helpful?